リゾートバイト・仲居のお仕事編

リゾバの仕事の中でも高時給になるのが仲居のお仕事というのは有名です。勤務するのは旅館や旅館ホテルがほとんどで、和式のサービスを受け持ちます。

旅館業会は慢性的な仲居不足と言われており、待遇や給与条件がうなぎのぼりの業界です。

こんな美味しい話を逃す手はありませんね。では仲居のお仕事をご紹介しましょう。

仲居さんって何?

まず疑問に思うのが、仲居さんってなんでしょうか?想像するのは旅館で着物を着て働く女性というイメージがありますが、その程度ですね。

仲居さんのお仕事は旅館屋料亭で食事の給仕をするのがメインの仕事で、お客様の荷物を運んだり、布団の支度をしたりという事はそれほど一般的ではありません。

最近では、こういう仕事も含めて仲居さんがする場合がありますが、基本的には和風ウェイトレスと考えて良いでしょう。

仲居さんの1日

1日の始まりは朝食の準備からです。和食がメインですので、器の数が多いことが要職と違って結構大変です。

バイキング形式の旅館ホテルであれば仕事内容はかなり楽になりますが、お膳に用意するタイプであれば多少仕事量が多くなります。

しかし、洋朝食の様に卵料理の種類、トーストの種類、ドリンクの種類をお客様のオーダーを聞くわけではなく、決められた料理をお膳に用意して出すだけですので、それほど難しいわけではありません。

朝食が終わったら、出発するお客様のお見送りをします。サービス業が他の職種と違うのが、こういう時にお客様から「ありがとう」の言葉をいただけることで、喜びを得られる瞬間と言えるでしょう。

午前中の仕事はこれで終わり、長めの休憩時間に入り、ゆっくりすごしたり、近隣を散策したりと有意義な時間でリラックスできます。

午後はその日チェックインされるお客様の担当者が割り当てられます。そのお客様の到着を待ちます。

到着されたお客様をお出迎えし、お部屋まで案内したら夕食の準備に入ります。

夕食は一般的にお部屋で食べる方と、宴会場で集まって食べる方といらっしゃいます。

決められた料理をお膳に載せ、お客様に提供していきます。宴会場の場合は事前に配膳しておきますので、一気に仕事が終わります。

夕食後後片付けをして1日の仕事は終りです。

 

着物を着る自信がないんだけど

大抵の方は着物の着付けができないことを心配されますが、最近では帯がマジックテープでワンタッチで止められたり、着物では無く作務衣で働く旅館もありますので、それほど心配する事はないでしょう。

旅館側が気にするのは髪型で、色を極端に変えていたり、過度なヘアスタイルだと旅館の雰囲気に合わないので敬遠されることがあります。

就業前に旅館や派遣会社の担当者に聞いて整えておくことが大事です。

 

仲居の仕事は大変じゃないの?

体力に自信がないという方もいらっしゃるでしょう。働いてみて続かなかったら嫌だなと誰もが思うことです。

仲居さんの仕事は基本的に女性が行いますので、その辺りは旅館側もシステムを作っています。

力仕事は男性社員がし、仲居さんは細かい仕事を担当していますので、大きな問題ではありません。

仲居さんの性質上、年齢の上限も他の職種と違い高くても問題ありません。もちろん若い人も多く働いていますので、お友達ができるのも早いですね。

 

仕事はどうやって見つければ良いの?

仲居の仕事に興味がある、やってみたいと思っても、どこにどの様な旅館があるのか。仕事の内容や作業する着物の種類、要求レベルなどはまちまちで、自分で探し出すのはとても大変です。

オススメするのは、まず派遣会社に登録し、自分の希望を伝えます。

給与・休日・待遇などを話し合って、自分にぴったり合うところをピックアップするのが一番良いと言えます。

行ってみて話が違うという事がない様にするには派遣会社を利用するのが一番の方法です。

派遣会社に登録して働くメリットは、労働契約を派遣会社と結びますので、ブラックな待遇を100%避けられる事です。

勤務日数に応じての仮払いや、日払い週払いも対応してもらえるのも派遣会社のメリットで、金銭的に余裕がない方でも即日勤務できるというのもありがたいですし、赴任旅費もチケット支給という場合が多く、手持ちがゼロでもなんとかなるのが派遣会社を利用するメリットとも言えます。

その後、双方が合えば正社員登用のチャンスも出てきますので、長期的に働きたい人も、短期的にお金を貯めたい人にもぴったりの方法でしょう。

下記にリゾート旅館での仕事を斡旋している信頼できる派遣会社をご紹介しておきますので、ここに登録してお仕事の紹介をしてもらうと良いですね。