パチンコ店勤務は好待遇

かつてのパチンコ屋は大音量で軍歌が流れ、マイクで「ジャンジャンバリバリ」とか意味があるのかないのか分からない店が多かったのが事実です。

アンダーグラウンドな世界で、ギャンブルの鉄火場、客層が非常に悪く働いている人も半分ヤクザみたいなひとたちという印象を持っている人も多いでしょう。

こんな話はいまから30年前位に終わり、パチンコ業界は健全化の道を歩いています。

今、近くのパチンコ店に行ってみてください。マイクで煽るなんて事をしている店はまずありませんし、大音量で軍歌を流すなんて店は間違いなくありません。

遊技場として社会に認知されていますので、「黒に近いグレー」という印象は全くないでしょう。

そんなパチンコ店で勤務するという事、職場としての選択肢で有りか無しどちらなのでしょうか。

 

パチンコ店の重労働は昔の話

昔のパチンコ店での勤務はドル箱運びと言って、客が出した球を計算機まで運ばなくてはいけませんでした。

満タンに入ったドル箱1箱で10kg程度で、こんな重さのものを2段3段と運ばなくてはいけないのですから大変な作業と言えるでしょう。

当然女性が簡単にできる仕事ではなく、ホールで女性が働く場所といえば景品交換所だけというのが常識でした。

しかし、現在では出玉を自動計算してくれるシステムが開発され、ドル箱自体がホールから消え去りました。

つまり、ホール店員はドル箱運びから解放されたわけで、重労働は現状一切無いと言って良いのです。

 

パチンコ店の待遇は良すぎる

パチンコ店のホールスタッフは慢性的な人手不足で、それがスタッフに対しての好待遇をもたらしています。

私が勤務したパチンコ店では、休憩時間も時給がでましたし、休憩所には軽食からお菓子やジュースが常備され、お金を一切使わなくても生きていけるくらいの待遇でした。

しかし、待遇の良いホールと悪いホールというのはかなり差があり、一概にパチンコ店全ての待遇が良いとは言えませんので事前に調べる必要があるでしょう。

 

パチンコ店勤務に向かない人

パチンコ店のホール勤務は正直言って誰にでもできる仕事です。基本的に詰まった球を流したりとか、店によってですがフィーバー札を指したりとか誰でもできる仕事です。

しかし、パチンコ店の多くは喫煙者が多いですし、大音量で音楽が流れています。

こうしたものが嫌いな人には向かない職種と言えるでしょう。

反対にいえば、それが問題なければ誰でもできる仕事ですし、ほかの職種に比べて好時給を期待できる職種と言えます。

現在ではパチンコ店も多極化されていて、禁煙のホールもありますし、音楽が控えめなホールもあります。

探せば自分が要求する条件にあったところは必ずあると言えるでしょう。

 

自分にマッチしたパチンコ店の探し方

パチンコ店はどこにでもありますので、目星をつけた店に行ってみて、労働環境を見てみるのも良いでしょう。

しかし、待遇は客として見られる部分だけでは判断ができません。そこで利用したいのが、パチンコ店に特化した派遣会社です。

パチンコ店派遣は、内部の待遇情報を持っていますので、給与面だけでは分からない情報を得る事ができるでしょう。

何より、自分の希望する労働環境や報酬を教えてもらえるので、一か八か勤務してみるという必要がなくなります。

ある意味、バイトをするのであれば最強のパチンコ店、しかし選び方を間違えると損をするのもパチンコ店です。

自分にぴったりマッチした職場を探すのに、パチンコ店専門派遣会社を利用するのが最も簡単で効率的でしょう。

下記に信頼できるパチンコ店専門派遣会社をご紹介します。まずこちらに登録して紹介を受けられるのが良いでしょう。



こちらのパチンコ派遣は日払いも対応していますので、すぐにお金が欲しい方、即日勤務を希望される方にも対応していて必見です。